池内恵の中東通信
池内恵
執筆者:池内恵 2017年6月27日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中東

サウジの新内相はムハンマド皇太子に影のように付き従ってきた

2017年6月27日 20:45
6月21日に発表された、サウジの前皇太子(ムハンマド・ビン・ナーイフ)更迭と、息子のムハンマド新皇太子の任命に伴って行われた人事は、ムハンマド新皇太子と同年代の王子を、テロ対策を担当する内務省や総合情報局と、ムハンマド皇太子が父サルマーン国王と共に統治の任に…
執筆者プロフィール
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授、2018年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』 (新潮選書)、 本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
中東通信の最新記事

本日午後7時30分からBS-TBS「報道1930」に出演

2018年10月18日 18:58
あと30分ほど、直前のご連絡になってしまいましたが、BS-TBSの「報道1930」に出演し、サウジ政治の現在、特にムハンマド皇太子の過去3年余りでの台頭と、この夏に直面した苦難について解説します。イスタンブール総領事館でのハーショクジー氏の殺害事件の背景と考えられるも…
続きを読む>>

サウジ「御用記者」の激越な対米威嚇

2018年10月15日 04:32
10月14日にサウジアラビア国営放送が報じた、米国の対サウジ制裁への警告とも読み取れる、異例の強い警告の声明を受けて、サウジ系の放送局・新聞社、そしてサウジ支持のSNSアカウントが、一斉に同工異曲のサウジ体制翼賛・対米威嚇の発信を行っている。その中でも特に目立つ…
続きを読む>>

この夏のサウジの転換点:サウジアラムコIPO棚上げとパレスチナ問題での従来姿勢への回帰

2018年10月15日 01:58
ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子については、急激に台頭した2015年ごろから、その「衝動的」な性格に外国の諜報機関から公然と疑義が呈せられていた。それを払拭するためのPR戦略が大々的に駆使されて、矢継ぎ早にムハンマド皇太子を「若き名君」「大胆な改革者」とする情…
続きを読む>>

長い沈黙からの「復帰」の出鼻をくじかれたサウジ皇太子

2018年10月15日 00:45
10月2日にイスタンブール総領事館で起こったと疑われるジャマール・ハーショクジー(日本語では「カショギ」と発音されることも多い)氏殺害疑惑は、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が今年4月以来の長い沈黙(時には不在)を破って、再び活発に内政外交の手腕を振るうよう…
続きを読む>>

サウジ「暴君リスク」が顕在化

2018年10月15日 00:20
10月2日にイスタンブールのサウジアラビア総領事館に入って以来消息を絶っているジャマール・ハーショクジー(日本語では「カショギ」と発音されることも多い)氏をめぐって、10月14日午後、サウジ国営通信は「公式の情報源」による激越な声明を発表した。声明の内容は、サウ…
続きを読む>>

<<池内恵の中東通信に戻る
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top