「スイス高級紙」が報じた「平成30年間」の「詳細分析」

執筆者:花田吉隆 2019年5月10日
エリア: ヨーロッパ 日本
スイス高級紙『ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング』が報じた「平成」という時代とは……(同紙HPより)

 

 5月1日、新天皇の御即位と令和改元で、日本国内は祝意ムード一色に包まれた。日本では元号は国民の時代感覚と密接不可分に結びつく。令和という新時代に国民は大きな期待を寄せた。その日本を諸外国はどう見るか。多くの報道がある中、ここでは、平成とはどういう時代だったのかと分析するスイス高級紙『ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング』の論評を紹介してみたい。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top