国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (112)

なぜ「古墳時代」は長続きしたのか?

執筆者:関裕二 2019年6月6日
タグ: 中国
エリア: 日本
実は周濠が重要(C)時事

 

 2019年5月14日、ユネスコの諮問機関のイコモス(国際記念物遺跡会議)が「百舌鳥(もず)・古市古墳群(大阪府堺市、羽曳野市・藤井寺市)」を世界遺産一覧表に記載するよう勧告し、登録されることがほぼ確定的となった。

大山古墳の造営を試算すると……

 ふたつの古墳群は4世紀後半から5世紀後半にかけて造られた。その中でも特別大きいのは、百舌鳥古墳群の大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵。堺市。墳丘長486メートル)と誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(応神天皇陵。羽曳野市。墳丘長420メートル)だ。大山古墳の全長は日本最大で、エジプト・クフ王のピラミッドや中国・秦の始皇帝陵とともに、世界最大級の王の墓と考えられている(ピラミッドは墓ではないとする説が有力視されているが)。

カテゴリ: 文化・歴史
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top