【月】「フランス的例外」、専門家4本

執筆者:フォーサイト編集部 2014年8月18日

本日の更新記事は、国末憲人さんの「『揚陸艦』を対ロ輸出:『フランス的例外』という精神構造」です。せっかく対ロ制裁でまとまっていた欧米諸国の足並みが、フランスの手前勝手な論理で乱れそう。「フランス的例外」とはまさに言いえて妙。が、うかうかしていると日本も影響を被りそうです。

「専門家の部屋」では、「ロシア」「アメリカ」「東南アジア」「インド」にそれぞれ新エントリ。

まず「ロシア」では「マレーシア機撃墜に『サハリン』の亡霊――調査団が近く報告書」(名越健郎さん):マレーシア機を撃墜した親露派ユニットのメンバーの半数は、サハリンから来たという情報。近く公表される報告書で、事件の全貌は明らかになるのでしょうか。

次に「アメリカ」では「『大統領候補ヒラリー』の最重要課題は『オバマ氏との距離感』」(足立正彦さん):民主党の次期大統領候補として圧倒的な人気を誇るヒラリー・クリントンだが、これからレイムダック化必至のオバマとの距離感の取り方が難しい。こちらは無料公開中です。

そして「東南アジアの部屋」では「東南アジアの地殻変動(上)『タイ』『中国』を結ぶ3人のキーパーソン」(樋泉克夫さん):とりあえず発足したタイの暫定議会を欧米諸国はまったく承認しないなか、いち早く中国は承認しました。今後のタイ、中国関係を考えるうえで重要な役割を果たすであろう3人のキーパーソンとは?

さらに「インド」では「インド国民会議派『最後の切り札』プリヤンカ」(緒方麻也さん):凋落著しい名門老舗政党が頼るのは、やはり”血筋”しかないのでしょうか。確かに毛並みの良さは国内随一、まさに「最後の切り札」でしょうが、いつまでも”血族経営”に頼っていて大丈夫なのか?

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順