【木】テロ物語「最終回」、記事3本

執筆者:フォーサイト編集部 2015年9月24日

連休中、以下の記事3本をアップロードしています。

「『遊民経済学』への招待(13)産業としての競馬の可能性」(吉崎達彦さん):ギャンブルを善とする欧米とは異なった文化を持つ日本で、経済の成長戦略としてギャンブル産業を振興しようと思ったら、日本社会が持つ幾多の「禁忌」と立ち向かわなければならなりません。

【ブックハンティング】「『場末』台湾に生きる『移民』外省人の物語」(野嶋剛さん):台湾出身の作家・東山彰良氏の直木賞受賞作『流』を、「中国の部屋」運営者・野嶋剛氏が読み解きます。青春小説、ミステリーとして激賞されたこの作品を、野嶋さんは「移民小説」と位置付けます。

「クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか? 『偉い人』の作る物語」(徳岡孝夫さん):かつて東条英機は「大東亜会議」を開いて大日本帝国の正義を喧伝し、今は中国が歴史を捻じ曲げ他人の武勲を横取りします。それにしても東条首相が「みそうゆう」の元祖だったとは……。当時は批判も揶揄もありませんでした。

 

また、「専門家の部屋」の「ヨーロッパ」に「テロリストの誕生(21)消えた女と男たち」(国末憲人さん)の新エントリ。テロリストの妻の役割は、時に夫や仲間を叱咤激励するばかりか、当局からのマークを逃れて自由に動き回り、実はテロの首謀者であるときも。

 

そして今朝は、同じく「ヨーロッパの部屋」に「テロリストの誕生(22・最終回)テロリストの末路、そしてやり直すべき議論へ」(国末憲人さん)をアップロード。年初早々に発生したフランスでのテロ事件を考察した連載も今回で最終回。言論の自由やイスラム教徒への差別問題など、やはり根本から議論をやり直す必要がありそうです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順