派遣切りもまるで「他人事」の雇用行政

執筆者: 2009年3月号
タグ: 労働者
エリア: アジア

長年、雇用政策のカヤの外に置かれ、仕事はぬるま湯。自分たちの定時退庁だけが、“労働基準監督の省”らしさの表れだった――。「全省を挙げて対応いたしました。(今後も)困った方々には救援の手を差し伸べたいと思っております」 舛添要一厚生労働大臣は前年末から東京・霞が関の官庁街に隣接する日比谷公園に出現した「年越し派遣村」への対応について、一月五日朝に国会内で行なわれた新年初の記者会見で、得意げにこう語った。 大晦日にオープンした「年越し派遣村」には失業中の元派遣社員ら約五百人が詰め掛け、支援者たちが用意したテント小屋はパンク。年が明けた一月二日、厚生労働省は「緊急避難的措置」として省内の講堂を宿泊場所に開放、食糧の確保や生活保護申請の手配などの面倒まで見た。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top