達増拓也(自由党衆議院議員) 元外交官「ネット通」が見据える「自民党の今後」

執筆者: 2000年8月号
エリア: アジア

 一部議員が党を割って保守党を結成、存続も危ぶまれた小沢一郎党首率いる自由党だが、六月末の衆院選では善戦、議席を増やした。岩手一区では、自由党の達増拓也氏が、優位と思われた現役の農水大臣、自民党の玉澤徳一郎氏に競り勝った。「自分で判断する有権者が増え、旧来の組織選挙は通じにくくなった。ただ、自由党としてはもっと議席を取りたかった。事前予測を裏切り議席を増やしましたが、我々は本気で倍増、三倍増を狙っていたので。でも、国民の大半が自由党は消滅すると思った中で、踏みとどまることができたのは大きい」とは、達増氏の戦いすんでの分析だ。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top