国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (116)

「ヤマト」建国後に衰退した「出雲」の謎

執筆者:関裕二 2019年10月11日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本
出雲が北陸に伝えた「四隅突出型墳丘墓」(筆者撮影)
 

 10月を神無月(かんなづき)と呼ぶのは、日本全国の神々が出雲に出かけてしまうからで、出雲では逆に神在月(かみありづき)と呼ぶ。この話、すでに連載91回で記している(2017年10月12日『「神在月」から解ける「国譲り」「天孫降臨」神話の謎』)。神話の中で出雲の神々は「現実の政治にタッチしないで祭祀に専念しろ」と命じられ、これが「年に1回神々が出雲に集まる」という信仰に繋がったというものだ。

 ただし、出雲の謎は、まだ尽きない。たとえば、神話の中で幽界に去って行ったはずの出雲の神々や人脈が、なぜか歴史時代に入ってヤマトに姿を現す。「出雲」は、創作された神話ではなかったのか?

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top