トランプ「今日のつぶやき」解説付!

1月19日のトランプ

執筆者:藤原朝子 2021年1月20日
エリア: 北米

1月19日のトランプ

 大統領として最後の1日となった19日、トランプは翌日発表予定の恩赦の対象者について、ギリギリまで悩んでいるようです。対象は100人前後となる見通し。ビル・クリントン元大統領は2001年の最終日に140人に恩赦を出していますから、人数的にはトランプが目立って多いわけではありません。

 しかしトランプのリストには、エドワード・スノーデンやジュリアン・アサンジら、国家安全保障にダメージを与えた人物が含まれるとみられます。また、恩赦は有罪であることを前提とした措置のため(=今後黙秘権が失われる)、恩赦が及ばない州ベースで多くの訴訟を抱えるトランプが、自分と家族に与えるかどうか注目が集まっています。

 ホワイトハウスは19日夕方4時、トランプの「お別れスピーチ」を発表しました(録画ビデオ)。「世界は我々を再びリスペクトするようになった。そのリスペクトを失わないでほしい」というくだりは、「逆でしょ!」と多くのツッコミが入っています。

 その一方で、「今週、新政権が発足する」と語るなど、この期に及んでもトランプは「バイデン」という名前は決して口にしません。また、「我々が着手した運動は、まだ始まったばかりだ」という締めくくりは、支持者には戦闘の呼びかけと受け止められかねない危険なものです。

 そんなトランプに対して、ペンス副大統領は明らかに距離を置いています。副大統領として(たぶん)最後のツイートには、トランプの名前も写真もなし。20日朝のアンドリューズ空軍基地でのお別れイベントにも出席せず、バイデンの大統領就任式のみ出席するスケジュールを発表しています。

執筆者プロフィール
藤原朝子 学習院女子大学非常勤講師。国際政治ニュース解説者。慶應大学法学部政治学科卒。ロイター通信、フォーリン・アフェアーズ誌(日本語版)などを経て現職。米ドラマ『ハウス・オブ・カード/野望の階段』日本語監修なども務める。訳書に『米中戦争前夜――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』『シフト――2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』『撤退するアメリカと「無秩序」の世紀ーーそして世界の警察はいなくなった 』(いずれもダイヤモンド社)など。
トランプ「今日のつぶやき」の最新記事

1月20日のトランプ

2021年1月21日 17:00
1月20日のトランプ 最終回!
続きを読む>>

1月18日のトランプ

2021年1月19日 17:00
1月18日のトランプ
続きを読む>>

1月15~17日のトランプ

2021年1月18日 17:00
1月15日~17日のトランプ
続きを読む>>

1月14日のトランプ

2021年1月15日 17:00
1月14日のトランプ
続きを読む>>

1月13日のトランプ

2021年1月14日 17:00
1月13日のトランプ トランプの弾劾決議案は13日、米下院で再び可決されました。過去…
続きを読む>>

<<トランプ「今日のつぶやき」に戻る
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top