スマートシティーを丸ごとハックせよ――「車載OS」という“史上空前のビジネス”(後編)

執筆者:寒川 慶 2022年3月25日
タグ: テスラ
ソニーの「VISION-S 02」は、エンタメ領域を超えたEV事業そのものに対する本格参入表明だ   (C)EPA=時事
「アリーンOS」の国内外向け販売を狙うトヨタ、イメージセンサーという“安全性の要”を武器にするソニー、車とスマホ共通OSで両市場にリーチするファーウェイ、そして「打倒テスラ」を最大の目標に据えたVWとフォード……。だが、未来へと加速を続けるテスラを捉えるのは至難の業だ。(この記事の前半は、こちらのリンク先からお読みいただけます

自動車メーカー「オリジナルOS」が破れずにいた壁

 車載OS開発で最も必要とされる能力は、車体などハードの開発力でなく「ソフトの開発ノウハウ」であり、これは自動車メーカーよりもIT企業に優位性がある。

 このことは、グーグルやアップルが、2000年代の終盤頃から先行して独自の地図、自動運転システム、各種のエンターテインメント機能といった車載OSの要素技術の開発に巨額を投じてきたことにも表れている。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
寒川 慶 ジャーナリスト。通信社や新聞社に在籍し国際政治誌や経済誌でジャンルを問わず記事を執筆。ビッグデータやAI、デジタル通貨といった次世代テクノロジー分野を継続的に取材。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top