シンガポール「脱炭素」化を支える東南アジア「国際送電網」

執筆者:久末亮一 2022年8月11日
タグ: 脱炭素
エリア: アジア
ASEANパワーグリッド構想(ASEANエネルギーセンターHPより)
東南アジアの国際送電網構想「アセアン・パワーグリッド(APG)」の実用化が進んでいる。ラオスから水力発電の電力輸入を開始したシンガポールを例に、そのメリットとリスクを解説。

 

ラオスから水力発電電力を輸入

 6月23日、シンガポールがラオスから水力発電による電力を輸入した。シンガポール、マレーシア、タイ、ラオスの4カ国で結ばれた「相互電力統合プロジェクト」に沿って、ラオスで水力発電した最大100メガワット(MW)の電力を、タイやマレーシアの国際送電網を通じて輸入したもので、シンガポールが国外の再生可能エネルギー発電による電力を輸入した初のケースとなる。

 今回の輸入は、シンガポールの大手企業集団ケッペル・グループの関連会社が手掛けた。この他にもシンガポールでは、マレーシア系企業集団YTLの子会社によるマレー半島からの最大100MW規模の再生可能エネルギー発電電力、地場系電力会社パシフィック・ライトパワー主導によるインドネシア・ブラン島からの最大100MW規模の太陽光発電電力、地場系民間企業サンシープのインドネシア・バタム島沖からの世界最大規模2.2ギガワット(GW)浮遊式太陽光発電電力の輸入計画が明らかになっている。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
久末亮一 日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所 開発研究センター 企業・産業研究グループ 副主任研究員。学術博士(東京大学)。香港大学アジア研究センター客員研究員、東京大学大学院総合文化研究科助教、政策研究大学院大学安全保障・国際問題プログラム研究助手などを経て、2011年から現職。主な著書に『評伝 王増祥―台湾・日本・香港を生きた、ある華人実業家の近現代史』(勉誠出版、2008年)、『香港 「帝国の時代」のゲートウェイ』(名古屋大学出版会、2012年)、『転換期のシンガポール――「リー・クアンユー・モデル」から「未来の都市国家」へ』 (日本貿易振興機構アジア経済研究所、2021年)がある。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top