執筆者:「森本 敏」の記事一覧:1件

執筆者プロフィール
森本 敏
森本 敏 拓殖大学顧問、元防衛大臣(第11代)。防衛大学校理工学部卒業後、防衛庁入省。昭和52年に外務省に出向後、昭和54年外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。退官後、慶應義塾大学、中央大学、政策研究大学院大学などで教鞭を執る。平成12年より拓殖大学所属。平成28年3月から令和3年3月まで同大学の総長を歴任、令和4年4月に同大学の名誉教授称号授与。令和3年4月から同大学の顧問を務める(現職)。平成21年8月初代防衛大臣補佐官、平成24年6月防衛大臣(民間人初)、平成27年10月から平成30年10月の間で防衛大臣政策参与を務める。著書に『オスプレイの謎。その真実』『日本の瀬戸際―東アジア最大の危機に日本は生き残れるか』など、共編著に『台湾有事のシナリオ:日本の安全保障を検証する』『次期戦闘機開発をいかに成功させるか?』『新たなミサイル軍拡競争と日本の防衛』など多数。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top