産業化を拒んだ「アグレリアン」の農本主義

執筆者:会田弘継 2005年11月号
エリア: 北米

 アメリカ政治や文化において常に重要な位置を占めてきた地域がある。南部だ。「ソリッド・サウス(堅固なる南部)」。かつて民主党の牙城としてそう呼ばれた南部に攻め入ることで、ニクソン、レーガン、ブッシュ父子の共和党大統領は選挙を勝ち抜いてきた。他方、民主党側はカーター、クリントンと南部から候補を出すことで共和党の「南部戦略」をなんとか凌ぎ、雪辱を果たしてきた。 それがこの三十数年のアメリカ大統領選の構図だ。いつしか「南部を制するものは大統領選を制す」といわれるようになった。 政治的に南部を制するというのは、保守的戦略をとるということだ。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
会田弘継 関西大学客員教授、ジャーナリスト。1951年生まれ。東京外語大英米語科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを務め、現在は共同通信客員論税委員、関西大学客員教授。近著に『世界の知性が語る「特別な日本』』 (新潮新書)『破綻するアメリカ』(岩波現代全書)、『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)、『増補改訂版 追跡・アメリカの思想家たち』(中公文庫)など。訳書にフランシス・フクヤマ著『政治の衰退』(講談社)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top