外資規制が続くインド小売市場で国内大手が攻勢

執筆者:山多豪太 2006年10月号
タグ: インド

 人口十一億人を抱えるインドには、大小、千五百万の小売店舗がひしめき、四千二百万人以上が従事する。その市場規模はざっと三千五百億ドル。インド産業連盟(CII)などは、これが二〇一五年には六千億ドルにまで拡大すると予測する。小売分野こそインドで最後に残された有望市場なのだ。 一九九〇年代からの経済成長でインドの個人所得は都市、農村ともに着実に上昇。各種研究機関の調査では、年収七百五十―三千ドルのいわゆる中間層は三億人を超え、今後も年率一〇%前後の勢いで増加する見通し。家電や食料品、日用品などの消費も急拡大している。これこそ、米ウォルマートや仏カルフールなど大手小売の幹部がインド詣でを重ねている理由だ。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top