「待ち望まれた提言」はブッシュ大統領に変化を起こすのか

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2007年1月号
タグ: 大統領
エリア: 北米

[ワシントン発]十二月六日、超党派の「長老」(共和・民主両党系五人ずつ、最年少は六十七歳)十人が、待ち望まれていたイラク政策に関する報告書を発表した。 ジェームズ・ベーカー元国務長官(共和党)とリー・ハミルトン元下院議員(民主党)が共同代表を務める「イラク研究グループ」は、イラクの現状を「憂慮すべき状態であり、さらに悪化しつつある」と表現した。ブッシュ政権にとっては、かつてなく厳しい評価だった。 報告書は、さらなる状況の悪化を防ぐために七十九の方策を提言。ベーカーとハミルトンは、すべて一体のものとして実行されるべきだと強調した。「これは、好きなものだけ選んで食べられるフルーツサラダではない」。べーカーの言葉だ。まるで、白髭の賢人が大統領に真実を語ってきかせる。そんな光景だった。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top