インド連立政権を揺さぶる地方小政党の大躍進

執筆者:山多豪太 2007年1月号
タグ: インド

[ニューデリー発]有権者数六億六千万人。「世界最大の民主主義国」インドの政治は、独立六十周年を控えて大きな転換点を迎えている。ヒンドゥー教色の強いインド人民党(BJP)の台頭は、老舗・国民会議派との二大政党時代到来を一瞬予感させた。だが、左翼政党の伸長や地方政党の大躍進、さらには相次ぐ新党結成などで、多党化と地方分権の流れが鮮明となり、政権運営は一段と多難になりつつある。 まず動き始めたのは総人口の一三%、約一億四千万人に達するイスラム教徒(ムスリム)たちだ。彼らはおおむね穏健かつ平和に暮らしているが、ヒンドゥー教徒やキリスト教徒らに比べると所得や雇用、教育水準などで依然大きな差がある。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top