インド(上) 難関大学は世界一の狭き門

執筆者:ラムタヌ・マイトゥラ 2008年4月号
エリア: アジア

 近年、インド国内外でインド人プロフェッショナルの活躍が目覚ましい。なかでも、情報技術(IT)、エンジニアリング、医学、そしてビジネス・金融の四つの分野で際だった活躍を見せている。 IT分野だけでも、在米インド人起業家支援組織であるTiEの設立者で自身いくつもの企業を興しているカンワル・レキ、ベンチャー・キャピタリストのビノッド・コースラ、元インテル副社長のビノド・ダームなど、少し考えるだけでも、何人もの“ビッグネーム”が思い浮かぶ。ビジネス界にも、シティグループCEO(最高経営責任者)に上り詰めたビクラム・パンディットやペプシコCEOであるインドラ・ノーイ(女性)らがいる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top