高まる日本の「ソブリン・リスク」

ギリシャが国家破綻の危機に瀕している。だが財政赤字の規模やスピードを考えれば他人事ではない。今や政府こそがリスクの震源になりつつある。 欧州文明発祥の地、ギリシャを巡って無遠慮な会話が交わされている。 ギリシャが財政と経常収支の「双子の赤字」に苦しんでいるのは分かる。ユーロ圏に助けを求める前に、貴方自身でもっとやるべき課題があるだろう。昔から助けを求める前には、自分の財産を処分するものだ。まずその島を売ったらどうか。例えばクレタ島とか。 皮肉を言っているのは、他でもない。ドイツの大衆紙『ビルト』だ。ニーチェやブルクハルトに代表されるドイツ語圏の知の巨人たちが、憧憬の念を抱いたのがギリシャだった。なのに、末法の世ではドイツがギリシャ叩きの急先鋒に立っている。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top