5000万世帯

執筆者:伊藤洋一 2000年12月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 人口の増減も重要だが、経済を見る視点から言うと「世帯」の数というのも非常に重要な数字である。「一家に一台」というようなモノの数は、世帯数の増加に従って伸びる。冷蔵庫や洗濯機など、大型家電製品の販売量数には世帯数に比例するものが多い。 現在、日本の人口は一億二六〇〇万人で、世帯数は四六〇〇万。日本の世帯数は、人口の伸び以上に伸びてきた。一九五〇年には人口八〇〇〇万人強に対して世帯数一七〇〇万弱。つまり、人口は倍増していなくても、世帯数は二・五倍以上となっているのだ。終戦直後の日本の一世帯当たり人数は、今では想像もできないくらいに多かった。地方では十人などというのも珍しくはなかった。それが核家族化、一人世帯の増加などで世帯数は大幅に増え、民需の強さにつながり経済発展の原動力になったのである。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top