インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

火を噴いた「台湾ゲート」日本に絡む最大の疑問

執筆者:春名幹男 2002年6月号
エリア: アジア

 一九九六年春、台湾海峡は危機感に包まれた。中国軍は台湾に向けてミサイル発射演習や陸海空合同軍事演習を繰り返し、台湾の近海に中距離地対地ミサイルM9が撃ち込まれた。台湾では海外への資金流出や株価の下落、食糧の買いだめ騒ぎまで起きた。 これに対して、クリントン米政権は空母インディペンデンスとニミッツを中心とする二機動艦隊の十六隻を急派。アメリカの力の誇示で事態はようやく沈静化した。 それから六年後の今年春、台湾機密資金疑惑が暴露され、台湾海峡危機の裏で、台湾情報機関「国家安全局」による秘密工作が展開されていた――と報道された。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男 1946年京都市生れ。国際アナリスト、NPO法人インテリジェンス研究所理事。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授、早稲田大学客員教授を歴任。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『米中冷戦と日本』(PHP)、『仮面の日米同盟』(文春新書)などがある。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top