「遺伝子テスト」がCMで流される時代

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2002年12月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: 北米

将来、癌やアルツハイマーになるかどうか――遺伝子テストで自分の未来をある程度知ることができる時代になった。「乳ガン遺伝子」のテストがテレビコマーシャルに登場する一方で、企業が従業員の遺伝子情報を悪用する恐れもでている。[ワシントン発]アメリカでは昔から、テレビをつければ薬の宣伝が流れていた。ゾカー、クラリネックス、ミランタ――ペプシやバーガーキングの新製品に混じって、高コレステロールから水虫、尿失禁の治療薬までが新CMの列に連なる。そして今、さらなる展開が見えてきた。公共の電波を通じて、遺伝子テストの猛烈な売り込みが始まったのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top