金正日は軍を掌握しているか

執筆者:草壁五郎 2003年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

父親から権力を引き継いで以来、金正日は軍を最優先する「先軍政治」を続けてきた。軍人を厚遇し肩書きを大盤振舞いしたことも手伝って、「将軍様の軍」ができあがった。しかし、必ずしも盤石と言い切れない兆候も随所にある。[ソウル発]一昨年五月三日、金正日総書記は平壌市内の百花園迎賓館で欧州連合(EU)議長国スウェーデンのペーション首相らEU首脳との昼食会に出席、ワインで乾杯を行ない、北朝鮮の「全方位外交」の成果を誇示した。同じ頃、日本では、金総書記の長男、金正男氏とみられる人物が、成田空港で偽造旅券を使って入国しようとして入管当局に身柄を拘束されたことが明らかになっていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top