厚労省次官「5代続けて旧厚生出身」で労働官僚のあきらめ顔

PERSONALS【人事情報】

2021年11月19日
コロナ対応に当たった官僚の事務次官就任は2代連続
根回し上手の新次官、吉田氏は省内に数少ない首相秘書官経験者。新型コロナウイルス感染症対策推進室長に昇格した医系技官の迫井氏とともに、コロナ対策の難題を攻略できるか。

   今年の省庁のトップ人事で殿(しんがり)となる厚生労働省の事務次官人事が10月1日に発令された。樽見英樹厚労事務次官(61歳/1983年厚生省入省)が退任し、新次官には事務次官級ポストである内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長から吉田学氏(59/84年厚生省入省)が就任した。退任した樽見氏は昨年9月の人事で吉田氏と同じポストから事務次官に就いており、コロナ禍の対応にあたった官僚の2代続けての次官就任となった。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top