ユーザープロフィール

現在までの総コメント数:159件
記事:変わらない国を変えるために 2018年10月10日15時50分
古川さんの歯ぎしりが、聞こえてくるような文章が並んでました。間接的に核開発に協力してきた母国・拉致に協力してきた現職国会議員やマスコミ等々の恨みつらみも読み取れました。米朝会談が進み具合によっては、日本のおカネの出番ですって?冗談じゃアない。勝手に拉致しておいて、返すから金よこせって、個人がやったら強請りで国がやったら過去のいきさつがあるからなんていった難癖でも通るのでしょうか?それも2~3兆円とか!!!。スパイ防止法や軍隊亡き母国への国連という幻想を警鐘を鳴らす1冊でした。
記事:まことの弱法師(30) 2018年10月08日11時47分
″語る言葉を選んで語り、読者にありのままを伝える。ジャーナリストが成すべき仕事を私は成した。″
徳岡さんの詰めの垢を煎じて飲んで欲しい自称ジャーナリストが、多すぎるのではないでしょうか。
安全を確保したうえでの戦場報道、プロパガンダに利用されている現地報道等々....。廃刊となった「諸君」の巻頭を匿名で書かれた「紳士と淑女」と巻尾を故山本夏彦さんの「笑わぬでもなし」を読んだだけで元を取った気持ちになっていました。頭と口が働く間は、何時までも書き続けて下さい。評論家には成らない一ジャーナリストとして、何時までも何時までも。
その昔、ソ連の古い原潜を日本海へ沈めた結果で、放射能汚染と騒がれた事件が有ったが、誰も魚が汚染されているので、日本海の魚やカニが食べれないなんて言う風評被害は起こらなかった。いたずらに風評被害を言い立てているのは、一部のマスコミではないか?元々は、事故後の過剰反応が今に繋がっています。広島や長崎の海で被爆後、魚やカニを食べなかったのだろうか?太平洋上で海洋投棄をする以外に、解決方法は無いと思います。捕った魚は売れない?安く売って、差額は東電に持ってもらったら良いのではないでしょうか?美味しくて安ければ、売れると思います。売れなければ、東電の関係者にでも買ってもらえば,,,,。関空造成時に、魚がいなくなるからと漁業補償をしたが、今では前よりも魚が付いています。原発を作った時に漁業補償もされているのでは無いのでしょうか?
全てしわ寄せは、電気料金に跳ね返り、国民が負担する訳です。なんでも想定外でも困りますが、トリチウムの水の問題は、取った魚は美味しく食べるに尽きませんか。
今回の問題提起で、燃料補給の問題がなされていません。何故パイプで繋がれていなかったのか?ぶつかったタンカーは目と鼻の先にある高石からピストン輸送に従事していました。多分パイプを通す利権の問題が絡んでいるとは思いますが、杜さんの次に期待します。民営化の問題を指摘されていましたが、官でも民でも先ずはお客への対応です。官だから良いとは思いませんが、島ゆえにお客を船で運ぶ発想が定期航路だけだったのは、大問題です。風が収まった夕方から人員と食料などを載せた補給船を多数仕立て、帰りにお客を載せる発想が欠けていましたし、これは想定内でしょう。杜さんの指摘通り会社側の説明は、何時から再開可能ばかりで、今取り残されている人々への対応の説明もお詫びも、ニュースからでは聞けませんでしたし、マスコミの報道が状況報告主体では、日ごろ声高に叫んでいる人命尊重が口先だけでした。また、海底地盤の問題を重視するなら、一旦は引き受けて断りまた空港を作った神戸空港への疑問もまだ存続している大阪国際空港まで、筆を伸ばして欲しかったです。
フセインのイラクでは、仏・ロあたりが、パイプで運ばれた制裁逃れの原油を買い入れていたとか。
ISの資金源もトルコ経由の原油販売だった。あの海賊王と呼ばれた出光佐三は、自船をイランのアバダンへタンカーを廻し、今度はイランが自国船で運んでいる。原油価格高を望むサウジとロシアは、イランの原油輸出を結果的に後押ししている。決済の基本はUSドル故、この決済はバーターかユーロかでしょう。欧州と陸路で繋がっているので、制裁の効果は少なく、中国は制裁は無視しているでしょう。米国が、ロシア・トルコと組まない限りイランへの制裁は効果は無いでしょう。歴史が浅い米国の行動が、イラン革命から始まる独裁者を排除した〇〇革命が、今の中東・東欧・マグレブ諸国の混乱を引き起こした原因と思います。もし米国が本気になって、幽霊タンカーの追跡を公表したら(絶対分かっている)誰がズルしているか、興味のあるところです。岩瀬さんの調査楽しみにしています。

余り指摘されていない問題として、4島の軍事基地があります。もしも日本に帰属が決まったら、自衛隊や米軍は、置くのでしょうか?血の犠牲とタオルを投げた後に分捕った国際法違反の領土を、露軍が引き渡すとも思えません。お互いに建前だけの交渉で平和条約を先延ばしにしてきました。相手が弱っているからって経済で釣っても、むこうも戦勝国のプライドがあります。先ずは、平和条約からという直球をド真ん中に投げ込まれたように思います。ここでバットを出さなくては、100年経っても1ミリも戻らないでしょう。強い指導者にしか出来ない交渉を、2人に望みたいですね。結果は別として。
AprilHareさん
>発電するどころか非常電源を使わざるを得ないというのは、電源の収支においてマイナスです。そう)せざるをえない被害状況なのだとは思いますが、プラマイゼロである他者と比べて自慢できる状態ではありません
原発停止状態でも、炉を冷やす必要が有りますので、停電故に非常電源が作動しているので安全だと記したつもりだったのですが、ちなみに泊は207万KW、苫東は165万KWで今の不安定な状態は、結構続くようです。泊再稼働反対の自治体などに今この状況でも反対なのか聞きたいですね。道内の知り合いは電話に出ず、SNSでの安否確で認のみです。また、太陽光発電が結構動いていないそうです。あの台風での関西各地の停電の被害はまだら模様で続いていましたので夜は電気が何時通じるのか予測できない不安が有りました。マンション高層階のお年寄りの不安に水を運んだりして助ける事も出来ず、電気が通じなければガス風呂も沸かず、電話も通じず、ネットも繋がらずでした。。関空の問題は、自衛隊のオスプレーとC1輸送機を直ぐに活用すれば、24時間も閉じ込められなくても良かったかったのでは?渡し船でも15分で対岸ですし。3食食べられなかった外国人がニュースに出ていました、この日本に来てくれたのにです。もしもの場合、規則・規則のしわ寄せは、現場居た不幸で済まされるのでしょうか。まだ関西では後遺症は続いています。
Sullaさん、そもそも論を言い出したら、キリがありません。言いたいことは、せっかく作った施設を利用しないでコストを掛けて、原料のガスを足元を見られて高く買って、ツケを国民に押し付けている現実です。福島でも帰宅を前提とした解決案では、絶対に解決しません。福島県の半分を国有地として買い上げ、1戸1億でも支払って第2の故郷を作って貰う方が、余程現実的と当時にコメントし、今も思っています。原発ビジネスを苦境に陥らせているのは、マスコミも同罪です。
淡路島の風力発電機がぽっきり折れましたね。日本の風土に合った設備でしたか疑問です。必要な設備は、偏らない事が重要です。そして電力料金をなるべく安く保つことです。地震・極暑・台風・大雨全て想定外とかって言い訳は聞きたくないですね。
本早朝の北海道厚真町の地震で、最新鋭のガスコンバインド発電所が停止している関係で、全道が停電しています。泊原子力発電所は、非常電源を入れて維持しています。使える発電所を止めているのです。24時間以上の停電になれば、冷蔵・冷凍品が痛んできますので、尼崎の肉屋さんが青くなっていました。関空で24時間閉じ込められていた友人の話を聞いてきましたが、JALの対応のお粗末さと、携帯が余り繋がらず(勿論電気は通じていない)情報の張り紙もハンドマイクの呼びかけも無い状態だったそうです。電気が止まったらどうなるのか、原発反対派の人たちは自宅の冷蔵庫のスイッチを止めて
自分で確かめて下さい。タワーマンションの人はもっと悲惨です。首から上の議論だけでは、現実は解決しません。淡路島の風力発電機がぽっきり
昨日の台風21号で、午後2時ころから停電と水道が止まりました。停電は、まだら模様に場所が分かれており良く判らないまま今まで続いています。電気は身体に例えれば血液です。ハッキリは解りませんが関電のコントロールセンターが機能不能となり、何処で止まって何処で繋がっているのかが、解らなくなくて修理の指示が遅れているようです。近所の信号も同じ道路でついていたりついていなかったりです。電力会社の基本は電気を供給することで、今回のような場合は電話は繋がらず情報は漠然とし過ぎて判断っ出来ず、一夜を過ごした訳です。10年先20年先の問題を、近々の課題の如くワーワーやっても何の解決にもならず、電気代は上がり続けツケは国民すべてに負担させている訳です。あの浜岡原発や女川原発等々何で止めたのでしょう。止めても費用が掛かり、その上代替のエネルギーコストは海外に支払い、不安定な太陽光の高い買取料金は消費者に負担させています。”ふざけるな”って言いたいですね。判断をした菅総理(当時)は、なんでのうのうと国から歳費を貰い続けているのでしょうね。戦に負ければ軍法会議が待っているように、政策が大失敗して国民に多大なる負担をかけた事実が判明すれば、行政判断裁判にでも掛けなければ、ハラの虫が収まりません。その上財政が赤字だってさ.......。政策失敗のツケは誰が払うのでしょうか?
カザフスタンが独立した時、真っ先に入った米国務長官は、核兵器の行くへを協議したとか。豊富な地下資源を目当てに米国のシェブロンが真っ先にカスピ海沿岸のオイルの利権を手に入れました。単純に言えばロシアは嫌いだけれど、中国も嫌いです。イスラムと言っても葬式イスラムが殆んどで、トルコが真っ先に当時の首都アルマティに回教寺院を建立しました。バイヌコールロケット発射基地がカザフにあるので、(多分、今は借地料を貰っていると思います)ロシアとは切れないと思います。カスピ海に米海軍基地を設けるといっても、船は地中海からポスポラス海峡を抜け、黒海からボルガ・ドン運河を通過しなければ、カスピ海には入れません。又この運河は3千トンクラスの船しか通れないので、米国の意図は良く判りません。陸封国の一つであるカザフスタンの悩みは、輸送ルート故、ロシアとも中国とも喧嘩は出来ないでしょう。大統領は変わっていなくても、首相は何人も変わりました。誰がなっても、米国を当て馬にして、ロシアと中国とのバランス関係が難しい国ですね。
北方領土の日なんて言葉だけでお茶を濁していては、絶対に帰らないでしょう。ハッキリ言えば、日米安保条約で、米軍の基地が日本のどこででも米軍が希望すれば置けれる状態では、ロシアは例え平和条約を結んでも絶対に手放さない事は、自国が過去にしてきた行為を鑑みれば自明の理です。サケマス魚表協定から始まった卑屈協定を結んだ政治家や政府・役人の行為が、今に繋がっているのでしょう。負けた戦を指揮した軍人の裁判一つ出来ない政府に、取られた領土や財産や亡くなった方々に対して、何を期待すれば良いのでしょうか?軍隊での不条理の話は沢山出てきても、自分がやった一人だなんて、余り出て来ません。職業軍人が民間人を置いて逃げるなんて武士(もののふ)の道でしょうか?
まともな軍隊として国民が認知し、ロシアとも共同訓練を行い、自主防衛軍を周りの国にも認知させることから始めないと、取られた領土も人も帰って来ないでしょう。
彼のお墓は、どうなるのだろうか?間違いなく荒らされるのではと心配になります。それにしても、今の経済力をつける為にどれだけ日本からむしり取ったか、何で愛国者の評価ではないのか、不思議な気がします。
「黄禍論」は、ドイツからでしたね。自分達の都合に合わせて、差別をした国がこの難民問題でしっぺ返しを受けているように感じられます。建前と本音が、限度を超えてしまったのでしょう。メルケルさんの気持ちは分かるけれど、物事にも政策にも限度があります。自由とか平等とかを高らかに掲げたカンバンを、下すかどうかの曲がり角に来ていると思います。トランプは下したいようです。結局のところ「自由・平等・博愛」は、自分達ホワイトグループの中だけのキャッチフレーズなんでしょうね。多数決の原理だって、この先何年続けられるやら。最も、宗教の自由はイスラムの一部にうまく利用されているし、大使館だって治外法権ではないらしい国が有るし........。
大西さんの視点を、世界で戦うマネージメントつまり日本代表監督の特質と会社の経営的観点からも捉えて欲しかった。トップダウンの方針を押し付けるのではない、技術の現場から上げて行く視点の重視が、日本企業の躍進の原動力になったと思っていますので。「ジャパンアズNo.1」なんておだてられてられ、お金の使い道ななくて(?)米国のビルを買ったり会社を買ったりした結果が、どうだったか?
失われた20年の結果を、やっと解消できて来たのではないか。そうで無かったら、国会やマスコミであんなに「モリ・カケ」でしか、ワーワーする必要はありません。今回のワールドカップで、ベスト8には、難しいけれども可能性は常にあります。日本躍進の原動力は、今回も現場の纏まりと諦めないで勝ちに向かった試合運びでしょう。選手も従業員もコマではありません。日本的なマネージメントの再考が必要でしょう。イベントマネーアップに付き合う必要など、無いと思います。
プラの袋が世の中に登場してから約60年なる。スーパーやコンビニで当たり前のように袋に入れて使っており、防水性も有るので使い勝手が良い。今のところ代替え品は、コストの問題などで普及するまでには時間が掛かる。電気自動車だって、何で電気を起こすのか?という問題にコストを絡めた論議が生煮えのまま脱原発って言われています。良く考えてみるとコスト高の負担は最終消費者であり、電力会社は国民生活や経済活動の源を抑えている限り、潰される心配はない。掛け声だけのスローガンには、本音と建前が隠されており、使い捨てな無くなったら、イベントの容器類が紙になってコスト高になっても、体制には影響ないでしょう。出口つまり、使用後の処理が問題で有って、考えてみれば、使用済みのプラスチックは高カロリーの熱源故、安くて効率の良い発電装置の出番ではないでしょうか。ともすれば環境に優しいので価格が高くてもなんて格好をつけたがる自治体の風力や太陽光発電の無駄な投資だけはやめて欲しいですね。使用量削減なんて、メーカに最終コストを負担させれば良いだけでしょう。
ここまで読まして貰って、思い出した記事が有ります。イスラムの教えでは、「ウロコの無い魚は食べて話いけない」とか、しかしながらイランの有名な産品の一つが、キャビアであり、チョウザメの卵です。チョウザメって、ウロコが無いはずでは?と思っていましたら、イスラムのお坊さんが検討した結果、ウロコの痕跡が有るとかで、食しても良いと...。飯山さんのご指摘では、どの様に解釈するかはお坊さんに依るとかですので、日本でラーメンを食べているイスラムの人達は、郷に入っては郷に従えの教えを受けているのかも知れませんね。イスラムの解説が画一的になりがちなニュース解説が多い中で、実際には本音と建て前の使い分けを理解出来なければ、何で?何で?で、良く判らなくなりますね。所詮は、思考のベースが違うと言う事を、飯山さんは語っていますね、教えるのではなく。次が楽しみです。
実家を整理していたら、戦時国債の束が出てきたのを思い出しました。身の程知らずの軍拡の費用を国債や公債で賄い、インフレと新円切り上げ等でほとんど無価値にしてしまった国策には、お国の為と協力した多くの国民が”負け戦だから”と、父同様にガッカリし・恨み・諦めたのでしょう。国債は国内で消化している限り債務と債権が相殺され帳消しになると、先生は述べられておりますが、消費税増税派の方々は、子孫末代まで、借金を背負わせて良いのか?って、声高におっしゃっていますが、むしろ銀行金利よりも高い金利を支払ってもらえるので、人気があるのではないでしょうか。戦費に使うなんて、平和憲法が有る限り使えるはずは有りませんから、護憲派の皆さんはタンス預金や銀行預金よりも国債購入をどんどん進める政策を何で出さないのでしょうね?
昔々、自衛隊がまだ日陰者扱いだった時代に、沖縄で夜間の高校(だったと思う)に進学した自衛隊の隊員が登校妨害にあったという記事を読んだ記憶が有ります。戦時中の憲兵だった人は、復讐を恐れてか人目を避け大人しくしていたそうです。阪神淡路大震災時には伊丹市にあった自衛隊には、行動命令が直ぐには出なかったのです。目の前の大惨事よりも、クーデターを恐れていたのでしょうか。
林さんが真剣に語るほどには、自衛隊を阻害しする連中は減ってきていると思いますが、不思議に国難ともいえる大事が起こった時の総理は、トップとしての能力が疑われるお方が務めていました。日報問題にしても、現場の状況を後世に活かす(判断ミスを含め)必要が有るのに、有る無しの議論に終始しては、過去の敗戦の正確な総括も都合の悪い資料は燃やしたりして、出来ない始末です。シビリアンコントロールなんて、言葉遊びにすぎないことは、福島の原発災害時において、トップの無能が如何に見当外れだったか見事に立証され今も引きずっています。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top