今国会での参院制度変更案をどう評価するか?

A
トピック作成者
AprilHare
2018年07月21日12時37分
2015年成立の改正公選法付則では「選挙制度の抜本的な見直し」が明記されていて、今回の国会でも各党が様々な参院制度の変更案を提示しました。

自民:埼玉+2、比例+4(合計で定数+6)。現行比例の非拘束名簿に優先する拘束名簿を上乗せ
公明:大選挙区制(1票の格差は1.122倍へ)。ただし最終的には自民案に賛成
維新:大選挙区制(定数1割減)
共産:全面比例制(全国10ブロック、1票の格差は1.08倍へ)
立民・希望:埼玉+2、石川と福井を合区して-2
国民民主:埼玉+2、比例-2

どれが採用されるかという予測であれば、自民案の成立は最初から目に見えていて、実際にそのとおりになりました。
しかし、どれが採用される「べき」かというのはまた別の問題です。
皆さんは、どの案のどこが有益・有害で、どれが採用されるべきだったと思われますか?

    A
    投稿者:AprilHare2018年07月23日21時37分
    >Sullaさん
    >議員一人の歳費などしれていますし、「少数意見を吸い上げ国政に反映させる」という観点からは日本の国会議員の少なさは異様です(下記参照・米国やブラジル・ドイツなど州政府に多大な権限が有る国は連邦政府が小さくなる傾向)。

    意見ありがとうございます。
    ただ、少数意見の吸い上げに必要なのは、人口あたりの議席数ではなく選挙区あたりの議席数だと思います。たとえ全体の議席数が倍になっても、小選挙区制であれば少数意見の吸い上げは望めません。


    >米国上院のように各州から2人など、”基礎自治体の代弁者”と考えるのか?

    これはちょっと厳しいですね。
    人民ではなく州の代表によって構成される米国上院は、そもそも州邦の連合だったアメリカ合衆国の成り立ちに由来する特殊なケースです。
    近代日本国家よりも前に存在した藩がベースならともかく、国が作った都道府県では被代弁者として人民に並ぶ格があるとは言い難いと思います。


    >全くの私案ですが、”参院は各県に2〜4人・ただし人口格差はある程度許容、衆院は厳密に比例代表制”という風にしてもよいのでは?(23区は2人とかね)。

    両院で全く異なる選挙制度(もちろん、公平であるのは大前提)というのはいいですね。
    例えば片方は比例制、もう片方は大選挙区制なら、複数当選者を輩出できる中堅以上の政党議員の性格が両院で変わってくるでしょう。前者では政党ベースで当選する議員(組織力はあるが、悪くいうと党の人形)、後者では政党の看板に頼らず当選する議員(人物は磨かれるが、同選挙区同党のライバルと対立)といった感じに。
    S
    投稿者:Sulla2018年07月23日16時11分
    承前
    その上で、貴兄の提示の中から選ぶには共産案でしょうか。
    もっとも議員定数はもっと増やせば良いと思います。
    S
    投稿者:Sulla2018年07月23日16時10分
    そもそも「上院」としての参議院の位置づけから考える必要があるのではないでしょうか。
    議員一人の歳費などしれていますし、「少数意見を吸い上げ国政に反映させる」という観点からは日本の国会議員の少なさは異様です(下記参照・米国やブラジル・ドイツなど州政府に多大な権限が有る国は連邦政府が小さくなる傾向)。
    http://top10.sakura.ne.jp/IPU-All-SeatsPerp.html
    米国上院のように各州から2人など、”基礎自治体の代弁者”と考えるのか?
    単純に”人口当たりの代議員”であれば、全国区で比例で良いでしょうが下院との区別が困難になってきます。
    全くの私案ですが、”参院は各県に2〜4人・ただし人口格差はある程度許容、衆院は厳密に比例代表制”という風にしてもよいのでは?(23区は2人とかね)。
    もっとも、丁寧な議論はかかせませんが。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top