ノートルダム大聖堂をどのように支援したらよいのか?

j
トピック作成者
jun1800
2019年04月19日01時12分
パリのノートルダム大聖堂の火災については、フランス当局のみならずLVMHなど民間資本もいち早く復興財源の支援を約束し、火災自体は悲しい出来事であったもののフランスという国の、文化に対する惜しみない献身・支援の気持ちが伝わってくる。
今回の惨事は文化的財産の喪失ではあるものの人命的喪失ではないところが、日本を襲ったこれまでの災害と異なるところではある。ただ、熊本地震における熊本城の石垣崩壊に見るまでもなく、そこに暮らす方々にとっての象徴的な存在の毀損。のみならず、私のように当地に訪れたことのない人間にとっても非常に大きな衝撃であった。
さて、これまで災害のたびに支援を受けてきた日本の人間として、どのように復興を支援できるのだろうか。
多くの避難生活を余儀なくされる方々がいるような状況では、まず物資、そして資金。物理的な支援がなにより優先されるべきだったと思う。そして少し落ち着いてからは、人のつながり、ほかの地域に住む人々が災害を受けた地の被災者を思っていることがまさに支援だったのかなと思う。
では、今回のパリの方々、ノートルダム大聖堂に思いを寄せる方々にとって、どのような支援がうれしいと思われるのだろうか。
ものすごくベタな支援案として「千羽鶴」を挙げたい。
被災地に千羽鶴を送るのだけはやめてくれ!というのは、東日本大震災の状況ではもっともな話。でも今のパリは?物資?資金?
各地からの、想いをを伝えることが今回の精神的な被災者の力になる可能性がある(高いと考えたい)のであれば、千羽鶴というのは「祈り」を捧げる手段として適切なのではないかと思いますが、みなさまのご意見はいかがでしょうか?

    S
    投稿者:Sulla2019年05月07日16時58分
    まずは資金でしょう。即物的ですが。
    あるいは向こうの必要とする材料、金や漆喰などですがこれも日本から送るより現地で購入するほうが輸送費の分だけ助かるでしょう。
    実用性の微塵も無く場所を取るものを送っても・・・・と思います。

    千羽鶴を送るのは再生成った後の落成式で良いと思いますが。
    A
    投稿者:AKBN232019年05月05日14時03分
    より実質的なものが喜ばれるのでは?

    たとえば防災技術面での協力とか
    焼け跡観光で大勢が見に行くとか__復旧工事は面白いかも

    建設資金は日本人のカトリック教徒が頑張るでしょう。
    n
    投稿者:naturalist2019年04月28日18時12分
    パリのノートルダム大聖堂はイエスの母マリアを祀っているキリスト教会の聖堂です。観光の対象は後付けです。日本なら奈良の東大寺や阿弥陀如来を祀っている京都の有名な寺院が火事の被害にあったようなものです。フランス人の宗教離れはよく言われるところですがやはり日本人に信仰心がないと言い切れないようにフランス人にとっても歴史と文化が染みついている教会のお堂の火災は悲しいものでしょう。千羽鶴ではなく、お見舞いの言葉をフランス大使館に届けるのが良いのではないかと思います。
    s
    投稿者:sisa2019年04月20日09時35分
    フランス人喜びますか?
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top