少子高齢化に対する対策

o
トピック作成者
ookubohiroyuki2015
2019年05月14日17時51分
皆さん過って無い少子高齢かに悩まされています。どのように対処すれば良いか。意見をお待ちしています。

    o
    投稿者:ookubohiroyuki20152019年05月21日18時27分
    投稿者の大久保です。いつもありがとうございます。AKBさんの考えも非常に良いと思います。格差をなくす。ただ今状況を見るととても少子高齢化の波は止められないと思います。そこで次の点を提言したいと思います。
     1.非正規や臨時員をなくす。
      臨時員や非正規雇用では生活が安すね定しません。将来的な見通しが立ちません。企業には社会的な役割として頑張って下さい。必ずや見返りがあるでしよう。愛社精神も育ち、子供も生むようになると思うでしょう。
      2,家系を継ぐ子供は優先的に地元に職を斡旋してやる。地元の役場や農協、お店に。問題点はたたあるとは思いますが是非根付かせたい。 
       3,今は結婚しても何のいいこともありません。そこで昔は結婚すれば奥さんは結婚退職して子育てに専念できました。そこで旦那さんの給料に家族手当てを付けて奥さんの給料をカバーしてやる。子育てが終るまで。ただこの案は女性の方から男女差別だと言うんですよ。子供を生むこと自体を男女差別と言う風潮があります。困ったことです。これも安倍さんが男女総活躍を吹いちようするからじゃないだろうか。皆さんの提言をお待ちしています。


    A
    投稿者:AKBN232019年05月16日11時36分
    私は次の2件を強調したいと思います。

    1)格差をなくす、減らす

    結婚しない、子供を持たない理由の第1に、経済的理由がが挙げられています。この場合、金額の絶対値ではなく、周りと比べての相対値です。終戦後間もない時期は、東京の新婚夫婦は小さな炊事場つきの4畳半生活が主流でした。

    今は、1年に1回は海外旅行が当たり前。ゴールデンウィークにまわりが国内や海外の長期旅行に行くのに、自分は連れて行って貰えそうにない、そんな相手と結婚するのは嫌だ、は自然です。

    鳥取県だったか、最貧クラスの県なのに出生率は最高。だから「貧しいから産まないのではない」と主張する向きもあるでしょう。が、農業と公務員以外にたいした職業はなく、低位かも知れないが安定しているから子供を産める、周りはほとんど同じレベルの生活。
    仕事のないものは都会に出るから、子供のない家庭はそこにはない。が、すべての県が鳥取みたいでは、日本は成り立ちません。

    2)そのために外国人の労働を抑える

    人手不足が叫ばれながら、非正規労働の賃金は驚くほどの低位安定を続けています。昨年比2%プラスがニュースになるほどです。本当に人手不足なら、1年に2~3割は上っていい。
    鉄筋工の賃金は一時、倍増したそうです。が、鉄筋をやめて鉄骨を選ぶようになり鉄筋工の賃金は元に戻ったとか。なんでもこうはいかないでしょうが、こんな感じで生産性が上がり賃金も上昇する。今は、外国人労働者がいて賃金は低位安定。高校・大学の同級生が結婚できる側とできない側に分かれます。

    建設労働者不足で中小は四苦八苦、大企業は儲かってホクホク。中小建設企業が多すぎて大企業は下請け単価を上げる必要がない。中小企業がつぶれても、人手不足だから労働者の失業にはなりません。それでも外国人労働者を増やそうとするのが安倍政権です。間接的に少子化を加速。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top