奇瑞汽車の米国進出に向けられる「疑問の目」

執筆者: 2005年3月号
エリア: 北米 アジア

 中国八位の自動車メーカー、奇瑞(チェリー)汽車(安徽省)が二〇〇七年に米国に上陸する。自動車輸入販売ビジョナリー・ビークルズ(ニューヨーク)が小型セダンなど五モデルを初年度二十五万台輸入し、全米二百五十店舗で販売。二〇一〇年には最大十モデルに増やし、百万台の販売を目指すという。 奇瑞の計画は野心的。米国仕様はすべて新型の専用モデルとし、クーペのデザインはフェラーリ車で有名なイタリア・ピニンファリーナ社が手がける。全輸入モデルにオーストリアAVL社製エンジンを採用し、生産は中国で行なう。価格も日本車・韓国車のエントリー・カー(入門車)に比べて三〇%安く設定し、走行保証は十年間十万マイル(約十六万キロ)と破格の設定だ。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top