株価指数先物も年内?デリバティブ解禁進行中

執筆者: 2006年2月号
タグ: 中国
エリア: アジア

 昨年十一月、ロンドン金属取引所(LME)の銅取引で大量の空売りに失敗した中国人が行方をくらました。消えたトレーダーは、中国国家発展改革委員会直属の組織、国家備蓄物資調節センターの劉其兵だった。中国政府がこれによって被った損失は二億ドル以上に上ると見られている。 一昨年、中国のジェット燃料輸入を独占する国営中国航空油料集団のシンガポール子会社、中国航空油料が、石油デリバティブ(金融派生商品)で五億五千万ドルの損失を出したことも記憶に新しい。こうしたスキャンダルの続発で、中国投資家は世界的に、すっかり悪名高い存在になってしまった。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top