高まるイラン攻撃ムードの「真相」

執筆者:ジェームズ・キットフィールド 2007年4月号
エリア: 中東 北米

状況はイラク開戦前夜によく似ている。しかしイランに対するブッシュ政権のアプローチは、さすがに対イラクとはかなり違う。[ワシントン発]この数カ月、アメリカとイランの関係が緊張の度を増すにつれて、ワシントンは既視感に包まれている。ブッシュ政権は「悪の枢軸」の一角が秘密裏に核兵器を開発していると非難、大統領は一般教書演説でシーア派過激グループが「イランの指示で動いている」と主張、ペルシャ湾周辺には米軍が増派された。二〇〇三年のイラク攻撃前夜と、状況は不気味なほど似ている。 だからこそ、政治家や評論家、メディアの多くが、あの時と同じようにブッシュ政権の誘導にひっかかるものかと警戒しているのだ。

カテゴリ: 国際 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top