知らぬまに沸き立っていたロシアの「日本ブーム」

執筆者:ユーリア・ストノギナ 2007年5月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史 金融
エリア: ロシア

桜と梅で風味づけし、ラベルに俳句を刷り込んだ紅茶が売れに売れる――ロシア人はいつしか日本ブランドの虜になっていた。[モスクワ発]旧ソ連時代、「日本」という言葉も「ブランド」という言葉もソ連人には謎めいていた。しかし、時代は変わり、高度成長に伴う消費社会に入ったロシアで、「日本」はクルマから食品、電気製品、ファッションまで、消費者が最も渇望しているブランドとなった。多くのロシア人にとって、日本はいまや日常の一部と言っていい。 かつて禁断の果実だった「日本」と「ブランド」が結合し、強力な磁力を放っていることを日本人はまだ知らない。平和条約がなくても、「日本ブランド」はロシアで他の国家ブランドを圧倒し、年々人気を高めている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top