中国がついにインフラ関連にも進出 急拡大する中印経済

執筆者:山多豪太 2007年10月号
タグ: インド 中国

「龍と象」にもたとえられるアジアの二大国、中国とインドの経済関係が急拡大している。二〇〇七年度の二国間貿易額は四年前の約五倍、三百億ドル突破がほぼ確実となっている。数年前まで微々たるものだった相互の直接投資も急増し、中国にはIT(情報技術)各社をはじめ自動車、重電メーカーなどインド企業約二百社が進出。中国企業の対印進出も六十社を超えた。 レノボ(聯想)・グループは〇六年度、インドのノートパソコン市場で一七・六%のシェアを獲得し、堂々の二位。家電や携帯電話端末でもここ数年でハイアール(海爾)や華為技術、中興通訊などが韓国、欧州勢を猛追し始めた。家電大手のTCL集団は八月、インド国内でのテレビ・DVDプレーヤー工場の建設計画を明らかにしている。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top