ドングリの大統領選

執筆者:名越健郎 2008年1月号
エリア: 北米

 世界で最も過酷なマラソンといわれる米大統領選が、2008年1月3日のアイオワ州党員集会でスタートを切る。今回の大統領選は、現職の大統領・副大統領が出馬しないことと、予備選・党員集会の前倒し実施が特徴。共和党は泡沫候補も含め10人が立候補。政権奪還を目指す民主党は、女性や黒人、ヒスパニックなどカラフルだ。 今のところ、共和党はジュリアーニ前ニューヨーク市長がリードし、モルモン教徒のロムニー前マサチューセッツ州知事、万年候補のマケイン上院議員、映画俳優のトンプソン氏らが追う展開。民主党はヒラリー・クリントン上院議員がトップを走り、黒人のオバマ上院議員、前副大統領候補エドワーズ氏らが追走する。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長、編集局次長、仙台支社長を歴任。2011年、同社退社。拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学特任教授を経て、2022年から拓殖大学特任教授。著書に、『秘密資金の戦後政党史』(新潮選書)、『ジョークで読む世界ウラ事情』(日経プレミアシリーズ)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top