「骨密度」をまるで上げられない経済財政諮問会議

執筆者:青葉久喜 2008年7月号
タグ: 香港
エリア: 日本

 今年も「骨太の方針」が打ち出される時期がやってきた。福田康夫内閣にとってはもちろん初めての「骨太」である。内閣の改革姿勢を測るバロメーターともいえ、その内容は国際的な日本の評価に直結し、株価の行方をも大きく左右する。 だが、残念ながら今年は「骨太」と呼べるほどの思い切った改革案は出てきそうにない。骨太に盛り込む改革案の原案を作る「改革のエンジン」だったはずの経済財政諮問会議は、福田首相のリーダーシップ欠如をいいことに、いまや霞が関官僚にすっかり牛耳られてしまった。小泉元首相が竹中平蔵担当大臣とともに、抵抗勢力を封じ込める場として活用した頃の面影はまったくない。

カテゴリ: 経済政策・社会保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top