ブッシュ陣営にすり寄るブレア英首相の思惑

執筆者: 2000年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 北米

 英国のブレア労働党政権が、米国大統領選挙で共和党が勝利する可能性が高いことを見越して、ブッシュ陣営に密かにすり寄る動きを見せている。 英国では伝統的に、保守党が米国の共和党と、労働党が米民主党とそれぞれ良好な関係にあり、ブレア首相とクリントン大統領も密接な個人的関係を維持してきた。 だが、現段階でクリントン大統領の後継者である民主党のゴア候補がブッシュ陣営に支持率で遅れをとっていることから、英政権は水面下で共和党との接触を強化、ブレア首相に近いマイア駐米大使が既にブッシュ氏と密かに会談を繰り返しているという。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top