今度は韓国が日本近海で石油資源調査

執筆者: 2000年8月号
エリア: アジア

 韓国が日韓中間線ぎりぎりの日本海で本格的な石油資源の調査を始めた。韓国の石油会社がノルウェー船籍の地質調査船「ノルディック・エクスプローラー」をチャーターし、七月十日から八月三十日の予定で対馬の北東百二十五キロの海域に派遣したのだ。 実は以前、今回の調査海域と対馬との中間の洋上に、石油ガスを採取するためのやぐらが組まれたことがある。海上自衛隊のP-3C哨戒機が確認しているが、石油ガスの噴出が止まったのか、既にやぐらは消え、新たな石油資源を求めて調査を再開した模様。ノルディック号は昨夏も資源調査を行なったが、今回はまさに日韓中間線ぎりぎり。本来なら海上保安庁が日本側への侵入がないか調べるところだが、海保、海自ともだんまりを決め込んでいる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top