「アサヒvs.キリン」の余波に呑まれるのはサントリーか

執筆者: 2002年4月号
タグ: 中国

 アサヒビールとキリンビールが激しい鍔ぜり合いを展開するビール業界で、再編の可能性が囁かれ始めた。 アサヒは二月中旬、協和発酵の焼酎部門を二百億円で買収、総合アルコールメーカーに不可欠な焼酎事業を傘下に収め、キリンもこれに対抗する形で、三月五日に王子製紙の子会社の中国酒メーカーを六十億円で買収した。両社ともこれまで持っていなかった焼酎の製造免許の取得が目的と見られているが、次の焦点として「ビール業界内での再編」が浮上している。サントリーのビール部門が最大の標的となっている模様だが、サッポロビールも経営統合という形で狙われる可能性がある。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top