「口利き」疑惑でブレア首相が窮地に

執筆者: 2002年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ブレア英首相が与党労働党の支持者による外国企業の買収を陰で支援し、その見返りに多額の献金を受け取っていたという“口利き”疑惑が浮上している。 ロンドンの消息筋によると、英国在住のインド人実業家が昨年七月、ルーマニア国営製鉄会社を三億ポンド(約五百三十億円)で買収することに成功したが、この買収話の重要条件だった欧州復興開発銀行(EBRD)の融資獲得のため、ブレア首相が英国出身のEBRD理事を通じ同行に圧力を加えた可能性がある。 さらにブレア首相はルーマニア政府に対し、同国営製鉄会社の譲渡先をこのインド人実業家の経営する会社とするよう個人的な書簡を出したともいわれる。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top