ライス補佐官が推されるブッシュの「次のパートナー」

執筆者: 2002年6月号
エリア: 北米

 二〇〇四年の米大統領選で再選を目指すブッシュ大統領が、副大統領候補に黒人女性のコンドリーザ・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)を起用することを検討している。実現すれば、ライス氏は二〇〇八年の大統領選の有力候補となり、史上初の女性大統領への道が開かれよう。ライス氏の副大統領起用については、女性下院議員が最近提唱して専門家らの支持を集めた。ホワイトハウスも前向きに検討しているとされる。 四十七歳のライス氏は、専門の国際政治だけでなく、大学や企業の経営にも明るく、ピアノもプロ級の腕前という才媛。外交こそタカ派だが、社会問題では中絶を容認するなど穏健派に属し、保守派の大統領とのバランスがとれる。独身のため身軽で、大統領の出張に必ず同行し、大統領との相性もいい。心臓病を抱えるチェイニー副大統領は一期限りで退任する意向だ。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top