日本メディア大歓迎!「スー・チー氏再解放」報道

執筆者: 2002年6月号
タグ: 日本

 民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏が五月六日、ミャンマー軍事政権から自宅軟禁を解かれ、一年七カ月ぶりに民衆の前に姿を現わした。その様子はテレビ映像を通じて国際社会に大々的に伝えられたが、その背後には軍事政権による巧みなマスメディア戦略があった。 軍事政権は軟禁解除の約一週間前から「数日中に重要な決定がある」と情報を流し始め、各国マスメディアが入国ビザを申請する時間的余裕を与えている。また、欧米、日本などのメディア約四十社が意図的に選別され、ビザが随時発給されることとなった。この際、今後のミャンマーへの経済投資の可能性の高い国のメディアが、テレビ局・通信社優先で選ばれたという。

カテゴリ: IT・メディア 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top