【パースペクティブ】 「日朝交渉再開」は急ぐべきではなかった

執筆者:中西輝政 2002年10月号
エリア: アジア

迷走外交への序曲なのか、評価すべき対朝外交の一歩なのか。拉致問題、不審船問題、ミサイル開発問題……今こそ日本は、「国益」を直視した外交戦略を持ち、北朝鮮と対峙せねばならない。国際政治学者が、小泉訪朝の成果を厳しく問う。 九月十七日、初の日朝首脳会談が行なわれた。この結果、日本政府が北朝鮮に拉致されたと認定していた「八件十一人」に二人を加えた十三人の安否が確認され、蓮池薫さんら四人が北朝鮮で生存、横田めぐみさんを含む八人が既に死亡していることが明らかになった(一人は北朝鮮への入国自体を北朝鮮側が否定)。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top