モスクワ劇場占拠事件でロシアが隠す「大スター」の素性

執筆者: 2002年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 モスクワで発生したチェチェン独立派武装グループによる劇場占拠事件で、日本でも「百万本のバラ」で知られるロシア・ポップス界の女王、アラ・プガチョワさんが、人質解放交渉を水面下で行なっていたことが明らかになった。 事件の舞台となった「文化宮殿劇場」の二階にあるナイトクラブの経営者はチェチェン人で、プガチョワさんの娘とかつて結婚していた。このチェチェン人は麻薬の密売で稼いだ金をこの娘につぎ込んで歌手としてデビューさせたほか、今回のチェチェン武装グループの活動を支援していたという。 事件発生後、膠着状態が続くなかでロシア当局は、チェチェン武装グループとの“縁”があるプガチョワさんを極秘裏に担ぎ出し、無線や電話を通じて、投降及び人質解放に向けた説得を試みた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top