「快楽失調」になっていませんか?

執筆者:今井毅 2003年8月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 日本人は遺伝的に快楽を得にくいことをご存知ですか? 科学雑誌『ニュートン』の特集記事によると、幸福感をもたらす脳内快楽物質セロトニンの受容体遺伝子には、長さの違う二つのタイプがあり、日本人の九八・三%が短いタイプ、すなわち快楽物質を受け取りにくく、不安傾向の強い遺伝子をもっているそうです(アメリカ人では六七・七%)。 快楽が足りないと、どうなるか。私はこれを「快楽失調」と名付けました。快楽失調とは、純粋に楽しみを求めたり味わったりすることのできない状態です。不安や緊張や恐怖に苛まれて生きる喜びを味わえない状態です。栄養が足りないと栄養失調になるのと同じように、脳に入る快楽の刺激が足りないと、人は快楽失調になってしまうのです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top