今も残るチェルノブイリの被害と囚われた医師

執筆者:サリル・トリパシー 2004年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

原発事故被害の真実を突きとめようとした医師は、今も獄中にある。ベラルーシの圧政を物語る悲劇とは――[ロンドン発]ソ連時代、赤軍の少佐だったユーリ・バンダゼフスキー(四六)は、正規の訓練を受けた医師でもあった。一九九〇年、ベラルーシの「ゴメリ医療研究所」所長に任命されたバンダゼフスキーは、ソ連崩壊後もその職に留まった。各地の産科病院から寄せられる報告に目を通すうち、彼はひとつの異常に気がついた。胎児の異常により中絶手術を余儀なくされるケースが増えているというのだ。医師の間では遺伝子突然変異の症例も囁かれていた。一体なぜ、こうした事態が生じたのか?

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top