名護金融特区「パスダック構想」の可能性

執筆者: 2004年5月号
タグ: 日本 日銀
エリア: 日本

豊富な個人マネーを蓄えながら、投資先をみつけられずにいる日本経済。証券市場間の取引を活発化することで、アジアに資金環流の仕組みを作れるか。 かつて、ニューヨーク、ロンドンと並んで世界の中核的存在だった日本の金融市場が、地盤沈下に苦しんでいる。悩ましいのは日本経済の凋落を背景にした、国内金融システムの機能不全だけではない。国境を越えた企業活動が活発になる中で本来ならば外国企業を取り込むことが可能なはずの証券市場が、“日本素通り”に遭っているのだ。 高成長経済に背を押され、世界に資金調達の場を求める中国企業が、ことごとく日本の証券市場を飛び越えていく。昨年十二月、香港証券取引所とともにニューヨーク証券取引所でも上場した中国人寿保険の調達額は、米国市場で同年最高額の三十億ドルに達した。いまや中国企業はアメリカ市場で、下にも置かれぬ上得意である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top