鶏卵汚職の汚名を晴らすか農水省「2030年輸出5兆円シフト」

PERSONALS[人事情報]

2021年6月10日
タグ: 日本
エリア: その他
20年の輸出額は9217億円。目標達成のハードルは相当に高い
輸出関連部署を中心に大幅な組織改変を実施、「輸出・国際局長」は局長ポスト待機組からトップ官僚を起用?

 農林水産省がポストコロナに向けて、組織を大きく再編する。局長級の組織の改廃を伴う再編は2015年10月以来となる。吉川貴盛元農林水産大臣と鶏卵大手前代表による贈収賄事件を受けて農水省が設置した第三者委員会(座長・井上宏弁護士)は今月3日、検証報告書を公表し、「政策がゆがめられた事実は認められなかった」と結論付けた。一連の事件で人事異動を行う更迭などは行われず、「身内に甘い調査結果」と再度、批判を受けただけに、新体制のPRに躍起だ。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top