中南米に乗り出す中国の「並々ならぬ決意」

執筆者: 2004年10月号
タグ: 中国 台湾
エリア: 中南米 アジア

 中国が中南米での軍事プレゼンス確立を目指す長期的戦略を打ち出しつつあるとの見方がある。 ニューヨークの国連本部に最近入った情報によると、中国は中米のハイチに展開している国連主導の平和維持部隊に百人を超える「特殊警察部隊」を派遣すると連絡してきた。中国が中南米に自国の部隊を送るのはこれが初めて。 国連外交筋は「カリブ海での港湾施設、漁業や石油・鉱物資源を追求する戦略に基づき、まずハイチに進出し、ゆくゆくは中南米に軍事プレゼンスを築こうとする狙いがある」と指摘。ハイチは現在、台湾と外交関係を維持しているが、それを承知で同国に入り込もうとすることに「中国の並々ならぬ決意が感じられる」(米国務省筋)と見る向きもある。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top