「無邪気な差別者」が起こしたスペインのサッカー騒動

執筆者:宮下洋一 2005年2月号
カテゴリ: スポーツ 国際
エリア: ヨーロッパ

「ウォッフ、ウォッフ」――猿かゴリラの咆哮のような声が響き渡った。昨年十一月、スペインの首都マドリードで行なわれたサッカー親善試合、スペイン対イングランド戦での出来事だ。試合中、スペイン人サポーター数人が、アフリカ系の一部選手を「猿に見立てる」という人種差別行為を行なったとして、世界中にニュースが流れた。 その後も、引き続き何試合かで同様の問題が発生。地元スペインのメディアも、連鎖的な広がりを警戒し、「われわれは差別国家か」などの見出しを並べ、しばらく議論が止まなかった。しかし、実態は、差別国家というよりも外国人に対する意識の低い「外国人オンチ」の国で、それこそが「差別的」問題を引き起こしてしまったのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top