買収攻勢にさらされるロンドン証券取引所の泣き所はポンド建て?

執筆者: 2005年2月号
タグ: ドイツ
エリア: 中国・台湾

 ニューヨーク、東京と並んで世界三大市場の一角を占めるロンドン証券取引所(LSE)が買収攻勢にさらされている。フランクフルト証券取引所などを傘下に持つドイツ取引所が昨年末に買収提案を行なったのをきっかけに、パリなど四証取の連合体である多国籍証券取引所「ユーロネクスト」も対抗して買収に乗り出した。 ロンドン証取の上場銘柄の時価総額は二兆七千億ドル。ドイツ取引所の一兆一千億ドルやユーロネクストの二兆三千億ドルを上回る欧州一の株式市場だ。それが何故、買収の標的なのか。 ロンドンがドイツやフランスからの買収提案を無下に断れない最大の理由はユーロ通貨の存在とみていい。ロンドン市場は言うまでもなく英ポンド建て取引。ドイツが旧マルク建て、フランスが旧フラン建てで取引していた時にはまったく問題はなかったが、ユーロが「基軸通貨」化するに従って、ポンド建て市場の不利さが明らかになってきた。このままでは欧州あるいはユーロ圏の中核市場となることは不可能だ、との焦りがロンドン証取にはあるようだ。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top