旧ソ連「民主化革命」次はキルギス、モルドバ

執筆者: 2005年3月号

 旧ソ連圏である独立国家共同体(CIS)で、グルジア、ウクライナと相次いだ民主化革命が、近く中央アジアのキルギスや、ウクライナの西隣のモルドバにまで波及する可能性が出てきた。 これらの国々にも親欧米政権が誕生すれば、ロシア勢力圏の著しい縮小となる。それだけに、プーチン政権は警戒を強めているが、ウクライナでは当初、親ロシア派大統領候補に肩入れして失敗しただけに、効果的な抑止策もなく、苛立ちを深めるばかりだ。 キルギスでは二月二十七日の議会選挙で、親欧米派のオトゥンバエバ元外相が率いる野党「祖国」の躍進が予想されている。旧ソ連時代から同国のトップに君臨するアカエフ大統領の権威主義的統治への不満が鬱積しており、野党勢力は、グルジアで起きた「バラ革命」の向こうを張って、チューリップを政権交代を目指す戦いのシンボルに決めた。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top